カスタムIEM UE Reference Remastered


Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered

Ultimate EarsとCapital Studioのコラボレーション。
入力感度:100 db @ 1mw
周波数特性:5Hz – 25kHz
インピーダンス:35 Ohms @ 1kHz
ドライバー構成(片側):3way,3driver,
遮音性:-26db
入力端子:3.5mm ステレオミニコネクター
付属品:クリーニングツール、ラウンドケース

ずっと気になっていたカスタムIEMを購入しました。

まずカスタムIEMとは、

Custom In Ear Monitor (カスタム・イン・イヤー・モニター) の略称で、イヤモニとも略されます。
主にステージミュージションやサウンドエンジニアが正確なモニタリング(音響の観測)のため、
高解像度・高遮音性を追求したモニター用イヤホンのことを指します。

自分の耳型(インプレッション)を採取してオーダーメイドで作成するため、耳にピッタリとフィットします。

つまり、耳型を採取して自分専用のピッタリサイズのイヤホンを作るという事です。

10年近く前に、大阪日本橋にイヤホン専門店があると会社の先輩から聞いて、行ったことがありました。
当時は「ニッチな商売だなぁ、拘る人は居ると思うけど儲かるのかなぁ」と疑っていました。

でもその先輩からultimate ears 10proを聞かせてもらって感動しました。
5,6万円もするイヤホンという前情報も加味しても、凄い音でした。
今まで自分が通勤中に聞いていたイヤホンから聞こえなかった細かい音がハッキリ分かる。
その後すぐultimate ears 5proを買いましたが、先輩に一瞬借りた10proの感動は得られなかった・・・。

いつかまた感動のイヤホンと出会いたいと思いながら、すっかり忘れていました。

あの頃のニッチなイヤホン専門店は、いつのまにか東京・名古屋・大阪に店舗を持つ人気店になっています。

そんな人気イヤホン専門店のeイヤホンは定期的にイベントを開催しています。
ポタフェスというイベントで、国内外様々なメーカーが商品を展示したり体験できたりします。

ポタフェス2017
ポタフェス2017

連休に大阪でポタフェス2017があったので参加してきました。

 

IEM制作
IEM制作

ポタフェスではカスタムIEMの耳型の採取も出来ます。
この期間は通常別料金の耳型採取料金をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンがありました。

耳型を採取するだけで、5,000円近くかかります。
大多数の一般人が日常利用しているイヤホン自体が5,000円以下だろ・・・と思うところ。
この5,000円のキャッシュバックは嬉しい。

専門の方から丁寧な問診の後、シリコンを耳に流し込みます。

 

IEM制作
IEM制作

出来上がった耳型。
左右で耳孔の大きさが違っているらしい。
どうりで、左イヤホンだけいつも外れやすい訳だ・・・。

この型を元にして耳型に合ったイヤホンを作ってくれる。

代理店のeイヤホンが受付してくれるので、客は耳型を採取してお金を払い後は完成を待つのみ。

 

Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered

耳型採取から約1ヶ月程で、商品が手元に届きました。

 

Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered

ケースに自分の名前が印字されていて、自分専用感が凄い。

 

Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered

ケース裏側はコラボレーションのCapital Studioロゴ。

 

Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered
Ultimate Ears Reference Remastered

耳型から成型されたイヤホンは、耳にピッタリハマる。
表現が難しいけど耳に「ニュる」と吸い付く様に入る感覚。

耳にピッタリなので、イヤーピースは必要無し。

肝心の音も10年前にultimate ears 10proで感動した様な
「こんな音まで鳴っていたのか」を感じる事が出来る。
各楽器がボーカル含めてフラットに聞こえて、誇張無く平等に聞こえるので心地良い。

ちなみに今回の様に耳型採取からピッタリのイヤホンを作るカスタムIEMは、耳の形が違う他人には装着出来ない。
従来の誰でも使えるタイプをユニバーサルモデルと呼んでいます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


“カスタムIEM UE Reference Remastered” への1件の返信

  1. 一度いいもの知ってしまうと、名かな忘れられないですよね。
    お金はかかれど、納得できるものを買ったほうが、愛用できますし満足しますよね。
    私もいつか、カスタマイズのイヤホンを作ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です